「にぎわい空間研究所」は、リアル空間にしかできない新しいビジネス価値の在り方を研究します

研究一覧

2018.10.11 Report_Case18
【注目ビジネス研究】

「airCloset(エアークローゼット)」
(ファッションレンタルサービス)

女性を洋服選びから解放するライフスタイル革命
“空間のクラウド化”が実現した普段着のシェアリング

普段着のファッションレンタルを実現し、女性のライフスタイルに劇的な変化をもたらした「エアークローゼット」。その誕生の背景には「空間のクラウド化」という空間活用の新しい概念がありました。プロのスタイリストとAIを活用したシステムで、新たな洋服と出会える「感動体験」を具現化したサービスの意義と展望を探ります。

2018.08.10 Mini Column
【連載ミニコラム・にぎわいのツボ】


第3回 都会のど真ん中に突如現れたオアシス


2018.07.27 Report_Case17
【注目ビジネス研究】

「空中店舗フィル・パーク」
(コインパーキングと空中店舗の一体開発)

コインパーキングの“空中”に発見した全国6万カ所もの“未活用空間”
〜「コインパーキング+空中店舗」という斬新なビジネスモデルを創出〜

コインパーキングの土地にテナントビルを建てる「空中店舗フィル・パーク」。駐車スペースをできるだけ残して駐車収入を確保しつつ、初期テナントを保証するフィル・パークは、都市部における土地活用の第3のソリューションとして注目を集めています。駐車場の“空中”を事業活用する画期的なビジネスモデルに迫ります。

2018.07.09 Mini Column
2018.06.26 Mini Column
【連載ミニコラム・にぎわいのツボ】


第1回「ふわんポリンの持つ潜在的な魅力」


2018.06.08 Report_Case16
【注目ビジネス研究】

「minikura」(クラウドストレージサービス)
“モノ”のクラウド化がもたらしたイノベーション
寺田倉庫のクラウドストレージサービス“minikura”
〜収納ビジネスのプラットフォーム化でユーザーを劇的に拡大〜

個人から預かった荷物の情報をデジタル化してクラウドストレージに格納し、リアルな倉庫と連動させた寺田倉庫の「minikura(ミニクラ)」。「“モノ”のクラウド化」というイノベーションは収納サービスに新たな機能と可能性をもたらしました。歴史ある倉庫会社が挑戦した革新的なビジネスモデルを紹介します。

2018.05.10 Report_Case15
【注目ビジネス研究】

「軒先ビジネス/軒先パーキング」(スペースシェアサービス)
未知のビジネスを具現化するために
困難を克服した者だけが獲得する“先行者の利益”
〜未開拓領域に挑む“ファーストペンギンの成功法則”〜

「シェアリング・エコノミー」という新たな経済領域において、世界的な先駆けとなったサービス「軒先」。隙間スペースを短期間で貸し借りできる前人未到のビジネスモデルはいかにして誕生し、成長を続けているのでしょうか? シェアビジネス界のファーストペンギン、軒先を取材しました。

2018.02.01 Report_Case14
【注目ビジネス研究】

「スペースマーケット」(スペースシェアサービス)
消費行動を “所有”から”共有”へと変化させ、
未活用資産を活用する“シェアリングエコノミー”
〜“B to C”から“C to C”への劇的パラダイムシフト〜

世界では今、「シェアリング・エコノミー」の登場によって消費構造に革命が起きています。日本国内のスペースシェアで急成長を遂げているマッチングサイト「スペースマーケット」。その登録物件は1万2,000件に達し、成約率も対前年比300%で拡大しています。空間の所有概念を占有から共有へと変革するトップランナーを取材しました。

2017.11.17 Report_Case13
【注目ビジネス研究】

「ファーストキャビン」(宿泊特化型コンパクトホテル)
デッドスペースを宝の山に変える“未活用空間ビジネス”
〜老朽化ビルに新たな価値を吹き込む宿泊業態の提案〜

未活用空間から新たな事業収益を生み出す「未活用空間ビジネス」が次々と登場しています。中でも急成長を遂げているのが宿泊特化型コンパクトホテル「ファーストキャビン」です。中規模オフィスビルなどの空きビルを低投資で簡易宿泊施設に転用し、高収益ビルに蘇らせる画期的なビジネスモデル、そして異業種との連携による新たな事業展開を紹介します。

2017.08.14 Report_Case12
【先進事例研究】

NAKED Inc.
”TOKYO ART CITY by NAKED”
心にシーン<情景>を残すために

ここ数年、リアル空間に新たな付加価値を生み出す演出手法として普及してきた「プロジェクションマッピング」。このムーブメントの火付け役を担ってきたのがNAKED Inc.(ネイキッド)です。映像空間イベント“TOKYO ART CITY by NAKED”と同社代表の村松亮太郎氏を取材し、ネイキッドの歩みと独自の空間表現を生み出してきた原動力、そして今後の展開に迫ります。


<< 1 2 3 >>

TOPへ